組織の構築に不可欠なキャリアコンサルタント!知っておくと便利な知識を紹介

近年日本だけではなく世界中で流行状態となっている感染症の関係もあり、働き方に関する考え方がここ数年で大きく変わってきています。
今の仕事よりもキャリアアップを目指したいと考える人は増えていて、どうやったら自分に合った働き方を見つけられるのか悩んでいるという人も多いです。
企業も個人との面談の他にキャリア研修の実施などで職務能力アップや人事の適正な配置などを任せるという所も多くなっていて、キャリアコンサルタントに対する期待は年々上昇しています。

組織の構築に不可欠なキャリアコンサルタント!知っておくと便利な知識を紹介

国家資格となるキャリアコンサルタントは、人の人生プランにも大きく関わる責任重大な職業です。
キャリアコンサルタントに不可欠なのが、人への共感力です。
人は誰しも日常生活の中で悩みを抱えていて、仕事における悩みは1人で抱え込んでしまうという人も多くいます。
キャリアコンサルタントに求められるのは悩みの本質に共感をして、的確なアドバイスを送れる能力です。
国家資格合格の為には専門の養成講習を受ける必要があり、学科や実技でキャリアコンサルタントとして職業の選択や人生プランの作成のサポートなどを学んでいきます。

キャリアコンサルタントは国家資格の取得が必要

キャリアコンサルタントは学生や転職を考えているサラリーマン、失業者など様々な人に対し、どの職業を選ぶべきかあるいはどういった能力を伸ばすべきかといったことについて、相談や助言を行うスペシャリストです。
卒業した後の就職相談の為に中学・高校・専門学校・大学などの学校やハローワーク・早期就職支援センター・職業能力開発校などの失業者の為の機関、職業紹介企業や人材派遣会社、独立のコンサルタント、が主な職場となります。
キャリアコンサルタントは職業能力開発促進法によって2016年に規定された国家資格です。
キャリアコンサルタントそのものずばりはもちろん、例えばキャリアカウンセラー、キャリアアドバイザーなどの類似した名称も資格を取得しなければ名乗ることはできません。
ですから、キャリアコンサルタントを目指すなら、まずは特定非営利活動法人キャリアコンサルティング協議会が実施する国家資格試験の合格を目指しましょう。

キャリアコンサルタントはキャリア支援のための資格

キャリアコンサルタントとは、適切なアドバイスや指導によりキャリア支援を行う資格です。
自分にとって最適な仕事が判らない、どのようにキャリアを積み重ねていくべきか迷っているなどの悩みに応え、より良い職業選択をできるように支援を行います。
頼りになるキャリアコンサルタントの存在が支えてくれることで、楽しく仕事をしていくための方法を見つけることができるでしょう。
また、キャリアコンサルタントは仕事だけではなく人生の様々なシーンを支える存在でもあります。
仕事と生活は密接に結びついており、人生にとってどちらも欠かすことのできない重要なものです。
日々の暮らしとキャリアの結びつきを真剣に考えて支えるキャリアコンサルタントは、悩みを持つ相談者の良きアドバイザーになってくれるでしょう。
相談者がどのような将来を見据えているのか、どんな暮らしと仕事をしたいのかなどを聞き出し、指導することができるのがこの資格となっています。

キャリアコンサルタント行政機関でも活躍していいる

キャリアコンサルタントが活躍できる場所は多岐にわたりますが、代表的な職場のひとつがハローワークなどの行政機関です。
ハローワークでは就職や転職を希望する方と面談を行い、希望する職種や勤務条件などをヒアリングした上で求人情報を紹介するのがキャリアコンサルタントの主な仕事となります。
必要に応じて就職・転職に必要な知識や技能を身につけるための訓練制度の紹介も行っていますが、ハローワークには様々な求職者が訪れるとともに幅広い案件を扱うことになるため、資格を必須としているケースが多いです。
また、ハローワークだけでなく、公共職業訓練所や地域若者サポートステーション、ジョブカフェといった機関でも多くのキャリアコンサルタントが活躍しています。
例えば、公共職業訓練所では必ずキャリアコンサルタントが訓練前の受講生と面談することになっています。
ここでは、就職や資格取得などに関する悩みを抱えた受講生に対し、自身の強みや長所を把握するためのアドバイスを行うのが主な役割となります。

働き方の多様性に対応するキャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントは、働き方の多様性にも対応している国家資格です。
キャリアコンサルタントを目指す場合は、国家試験に合格する必要があります。
国家試験に合格したら必要な登録手続きを行い、資格を取得します。
厚生労働省が認定している養成講座を修了すると、国家試験の受験資格を得られます。
キャリアコンサルタントは公的就業支援機関や人材派遣会社など、様々な分野で重要な役目を担っています。
人材派遣会社では求職者に寄り添って悩みや希望を聞き取り、持っている能力を正しく見極めてキャリアを支援します。
企業と求職者のマッチングをサポートして、職業能力の開発にも貢献しています。
キャリアコンサルタントの仕事内容は幅が広く、求職者に対する情報提供も重要な支援に含まれます。
専門知識だけでなく、コミュニケーション力やカウンセリングの能力も必要になります。
キャリアコンサルティングによって相談者の隠れた能力を探し出し、新しいキャリアを応援します。